Windows7の付箋で書式を変更する方法

MacにはStickiesという気の利いた”付箋”ツールがあるよね

Windows7にもデフォのがあるよ

その名も「付箋」!orz

「付箋」は保存もできないし、設定メニューもなくてStickiesとじゃ比較にならないけど、もうちょっと便利に使いたいということで調べてみました

まずは書式の変更

Windowsらしく、ショートカット キーなんだね

書式 ショートカット キー
太字 Ctrl + B
斜体 Ctrl + I
下線 Ctrl + U
取り消し線 Ctrl + T
箇条書き Ctrl + Shift + L
ショートカット キーをもう一度押すと、段落番号に切り替わる
テキスト サイズの拡大 Ctrl + Shift + >
テキスト サイズの縮小 Ctrl + Shift + <

そして付箋は閉じると消えちゃう

必要ならメモにコピーすれば済むことなんだけど、たくさんの付箋を開いているとか、どうしても付箋の状態で保存したい場合は、下記パスが付箋のファイルだから、コピーして他のフォルダにペーストすればバックアップの出来上がり

C:\Users\自分のユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Sticky Notes\StickyNotes.snt

使うときは、付箋をとじてる状態で元のフォルダに上書き保存して、付箋を起動すれば復活する

ファイル名は変えちゃダメですよ

まぁ通常はこんな使い方する必要はないけどね、あくまで”付箋”なんだから。osamushi

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です